2007年10月27日

10月27日 健康食品

皆様はご自分の健康維持に関し、なにかこだわりの食事といいましょうか、食品がございますでしょうか。私は毎日、ヤクルト、ヨーグルト、そしてピーナッツを摂取しているんです。
ひとの身体は、おなかの内臓と頭の脳が一番危険なものですから、その危険予防のため飲んで食べているわけです。朝食時にヨーグルトを、夜のイッパイ時にピーナッツをひとつかみ、そして一日のどこかでヤクルト一本なんです。もちろん旅行したときのような事情の場合はしかたありませんが、そんなケースを除き毎日です。
普通に考えてヤクルトとヨーグルトは、整腸活動に適していることは誰でも承知のことと思います。じゃあ何故ピーナッツだとお思いでしょうか。それは、ピーナッツが堅い食品だからです。つまり、ボリボリと歯で噛むことにより、脳に刺激を与え、血行をよくし、脳梗塞などの卒中対策なんです。とにかく脳のかぼそい血管に異常が起きないよう配慮しなければいけません。そのためにも、また思考力アップのためにも最適じゃないでしょうか。
戦後ピーナッツなんて、若者うけした都会的なしゃれたおやつだったのではないでしょうか。ですから食べることにより、私自身も若返っていくような気もするんですが、これは言い過ぎですよね。
ヤクルトヨーグルトは10年、ピーナッツは3年になります。続けることが大事なのですが、きっとお迎えが来るそのときまで続けられそうです。
posted by さっぜさん at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62672219

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。