2007年11月24日

11月24日 白い恋人

「白い恋人たち」なんて、フランシス・レイのロマンチックなサウンドトラックにのって、スキーヤーたちが冬の恋物語を演じる季節になりました。昨年は冬将軍の出番も少なく、さんざんなウインターシーズンだったのでしょう。今年はそのような危惧なんて、「そんなのカンケエねえ オッパッピー」ということでしょうか。夏が暑すぎたことで、冬もこれに呼応し寒い冬になりそうですね。
若いカップルたちには、その季節に応じた恋の語らいもあれば過ごし方もありますので、白い恋人たちのような、甘いワルツのメロディーを演じてくだされたら。
そして、あの北海道イシヤ製菓の「白い恋人」の発売も、いいタイミングでお目見えしました。爆発的な売れ行きみたいですね。どんなものでしょう、冷え切っていたカップルたちや、一度分かれたものの忘れ去ることのできないお二人なんて、星の数よりいるんでしょうね。どうでしょう、このリニューアルされた白い恋人を贈りもう一度あたためあうなんて。「焼けぼっくいは、火がつきやすいとかなんとか」で、不幸駅行きの電車に乗っちゃいけませんが、幸福駅行きなら素敵でしょう。
アアーッ、恋ほど心を熱くさせるタキギもありませんね。
posted by さっぜさん at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。