2007年11月29日

11月29日 てげてげ

宮崎県の、そのまんま知事さんが歌をかかれたんですね。なんでも「てげてげ音頭とか、九州地方らしいタイトルです。「てげてげ」なんてなんのことやらわかりませんよね。「ほどほど」という意味なんです。つまり、大概ということですから、それを「てえげえ」なんて江戸風にしゃべると、「てえげえにしろ」なんてことになりますよね・それがなまるといいましょうか、詰まった感じになって「てえげえてえげえ」が「てげてげ」になったのでしょう。
それにしましても、そのまんま知事のバイタリティーは凄いものがあります。神出鬼没で大車輪のめまぐるしい行動力です。PRという意味では、日本一の知事でしょう。しかしそれはそうとして、これからどんなアイデアを打ち出しましょう。そしてそれが、県民を代表する県議会議員に受け入れられましょうか。日本一公示地価の安い宮崎県を、永く将来に展望を見いだせられる施策を実現できましょうか。内野安打やポテンヒットでチャンスを作りかけていますから、走者一掃のタイムリーが待たれます。とにかく人を呼び込み、人口をいかにしたら増やせるか、パフォーマンスと平行して思案をめぐらしてもらいたいものです。
てげてげなんて中途半端なことはいわないで、彼の個性を100パーセント発揮した、サプライズでないと宮崎は動いていかないのでは。
posted by さっぜさん at 09:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日でしたか?東国原知事さんの発言に、軍隊にこだわるつもりは無いが、「徴兵制度」を設けてあらゆる面の成長に目を覆いたくなる若人を再教育してはどうか?昨今の文部・科学省が、「食育」とかで、箸の上げ下ろしまでを学校で…と言っている。世間の親は何をしているのかそれを思へば、徴兵も頷けようと言うものではないでしょうか?
Posted by みやちゃん at 2007年11月29日 10:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。