2008年02月11日

2月11日 建国記念の日

今日は建国記念の日ですね。1966年といいますから、昭和41年に祝日として制定されました。もちろんその紀元は、明治5年に制度化された、四大節のひとつ紀元節です。戦前戦中の古い教育を受けられたお方は、こちらのほうでないと駄目なのかもしれません。
これも徳川時代の武家政治から、朝廷を中心とする中央集権の強化対策の現れでもありましょう。日本の神話のことを思えば、あの神武天皇が大和の国で即位したことを源といいましょうか、根拠としていますよね。誰も知らないおとぎ話の世界です。九州は日向の国の高千穂に降臨して、陸路北九州から海路瀬戸内を渡って、紀州の泊まりらしきところに上陸したといいますから話がよく出来ています。有難い案内人でもいたのでしょうか。渡りに船もあったということになりましょう。どうして大和まで移動して即位なさったのでしょう。なぜ高千穂ではいけなかったのでしょうか。後世の権力者が、奈良平城京や伊勢を、どうしても聖地に仕立て上げなければならなかったのでしょうね。そんな絵空事でも大事に伝承すれば、日本誕生2700年ぐらいになりましょうか。

どうなのでしょう、建国記念の日の意義は実に大きいのでしょうが、実生活上では無意味なことではないでしょうか。なんだかよくわからないけど、三連休という事実がありがたいのでしょう。
posted by さっぜさん at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83455351

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。