2008年02月26日

2月26日 続・三浦容疑者

昨日三浦容疑者の逮捕に関連し、かなりの報道が飛び交っていましたね。少し上京が、見えてきました。
結論的に、かなり高い裏づけ証拠を、捜査当局は掴んでいるようです。一番重要なことです。解説者が話していましたが、証拠ということで三つのパターンを述べていました。DNAと使用した銃の押収、狙撃した実行犯人の逮捕あるいは特定でした。いずれも納得はいたしますが、どうでしょうDNAなんてそんなこと私には考えつかないのですが。検体といいましょうか遺留された第三者の原物が残されていたのでしょうか。狙撃してそのまま逃走したとして、どうしてDNAが可能なのでしょう。そのへんのことをキャスターも追及しませんでした。そして凶器と使用した銃ですが、27年も経過して、そのままの状態で押収発券されましょうか。普通に考えれば、犯行後証拠隠滅のため即時処分しそうなものです。
一番考えられるのは、狙撃した実行犯の存在です。なにかの事件で逮捕され、その余罪としてあの事件を自白したか、それとも本件の刑をより軽くしてもらうため、アメリカ流の捜査取引に応じたかではないでしょうか。勝手な想像はいけませんが、私にはそんな気がします。いずれ明白になることでしょうが、三浦容疑者の計算外のことですね。
そして今回はじめて知ったことですが、アメリカの捜査当局にコールドケースなる特殊捜査セクションがあるんですね。未解決凶悪事件ということでしたが、かつてのFBI方式の現在形でしょうか。なんとなくアイスボックスのようなフレーズに聞こえますが、ホシが死ぬまで追い詰めるということで、頼もしくもありクールでもあります。日本の警視庁にも同様なチームはあるとのことでしたが、時効という壁のことを思うと、自然と形だけの組織にならざるを得ないでしょうか。
三浦自身からの保釈請求が却下され、今後身柄が移送されて、ロスに戻ってどんな仰天シナリオが待っていましょうか。


誠に勝手ながら、27、28、29日の三日間、旅行予定ですので投稿を休ませていただきます。申し訳ございません。
posted by さっぜさん at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。