2008年03月13日

3月13日 瓶の音

朝食をすませいささか放心状態のひととき、定期的に訪れるゴミの収集業者が、空き瓶を整理する音が響きます。ガラス材独特の澄んだ音が、ガチャンガチャンと聞こえてまいります。こんなカンやペットボトルの時代に、なんの空き瓶だろうと想像してみたくなります。
ビールの空き瓶だろうか、なにかの調味料の空き瓶だろうかなんて気になります。それも少ない量でもありません。二週間に一度の収集ですから貯まってしまうのでしょう。なんとなく忘れかけた空き瓶の音です。
その空き瓶のリサイクルは、どうなっているでしょうか。清酒の一升瓶は、そのまま洗浄して使用するんですね。その他の空き瓶は、瓶の色ごとに区分けされ、再生工場で細かく砕き、溶かして新しい瓶として生まれかわるのだそうです。
そういえば、あのおいしいおいしい瓶ビールなんて、最後に飲んだのはいつだったろうか。ましてや、瓶入りのコーラなんて思い出す気にさえならないほど遠い過去のこととなりました。40年ほど前までは、すべて瓶入りが当たり前でしたのに、身の回りからレトロな高級感が去ってしまっていくような気がします。そのうち高級ウイスキーやブランデーもペットボトルになるのでしょうか。そんなおかしなことにはなりませんよね。
そうそう大事なことを思い出しました。瓶ビールですが、去年のクリスマスに飲ませていただきました。娘が、エビスと新しいプレミアな瓶ビールを買ってきてくれたんです。いけませんよね、都合よく忘れては。
posted by さっぜさん at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89396819

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。