2008年03月26日

3月26日 第二警察

常磐線の荒川沖駅で起きた8人殺傷事件で、警察の失態ぶりが批判され信頼が揺らいでいますね。犠牲者や被害にあった方々、およびそのご家族のことを思うと当然です。
どうしてこうもヘマをしでかすんでしょう。ひとつには、個々の警察官の意識のなかに。「まさかホシが来るわけないじゃないか」なんて甘く受け止めていたかもしれません。あのイージス艦の衝突事故と同じで、「まさか衝突はしないだろう。相手の漁船がよけてくれるだろう」なんて感じたのと同じことです。つまりは、事の重大さを認識してないんですね。一応配置はしたものの、識者が強い支持をだしていないんです。「おかしなのを見つけたら連絡しろ」程度の支持だったのれはという気さえします。こんなとき骨のある指揮官なら、「いいか相手は殺しのホシだ、その場でブチ殺してもいいからつかまえろ」ぐらいのゲキを飛ばしたでしょう。「しくじったら笑いものだぞ、生涯前を向いて生きていけねえんだぞ」と緊張感を植えつけて配置させなければいけません。裁判の厳格化と人権意識の高揚で、警察そのものが萎縮している傾向は否めません。
岡目八目だからいえることだろうとも反論されましょうが、警察官に信念があれば、少々やりすぎるぐらいがカッコイイともいえるのではないでしょうか。現実にひとりの警察官が刺されました。
さらにもう一点は、交番に一人も警察官が配置されていなかったという事実です。事態を真剣そのものとして臨んでいたなら、前線指揮所を置いて、署長自ら陣頭指揮するぐらいの気構えが必要です。つまりはナメてかかったということでしょう。さらに、ホシが犯行後、交番に出頭したが、警察官が誰もいなかったなんて漫画でしょう。揚句に電話を使い、「早くつかまえに来い」ですから、もう紙芝居でしょう。民間による、第二警察のことを議論する時にあるのかもしれません。
posted by さっぜさん at 09:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前に、警察をすべて私会社にした未来を描いた、ロボコップと言うSF映画がありました。
警察官はロボット。
そんな未来が案外現実のものになるかもしれませんね。
Posted by フランソワ at 2008年03月26日 18:43
フランソワさん、コメントありがとうございました。
そうですか、SFではそこまで進んでいますか。原作者の豊かな想像力がいいじゃないですか。
公務員の最大の欠陥は,[怠け」なんですね。民間のそれは、「儲け」ですね。なかなか理想どうりにはいきません。
フランソワさんやフラダンさんに禍があってはいけません。せめて、ギリギリのところで、米一握りと梅干なりとも持参して駆けつけますので。

Posted by さっぜさん at 2008年03月27日 09:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90991846

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。