2008年03月27日

3月27日 蓮池薫るさん

拉致被害者の蓮池薫るさんが、25日めでたく中央大学法学部を卒業されたんですね。おめでとうございます、よかったですね蓮池さん。
あの北の砦に幽閉され、「私は大学生だ、帰してくれ」と何度も何度も訴えたそうですね。それが30年の歳月を経て、ようやく願いを果たせたのですから、その胸中たるや誰にもおしはかれません。式典の最中、どのような思いが去来したことでしょう。学業を取り返し、卒業というゴールには辿りついても、残された多くの仲間たちのことを思うと、申し訳なさが気持ちを暗くさせることでしょう。
今後の進路については、新聞ではなにも触れていませんでした。もちろんご本人は自分なりのプランを描いておられることでしょう。でもどうなのでしょう、国会議員に立候補する意思はございませんでしょうか。今の議員たちにせよ役人たちにせよ、拉致被害者たちの身内に当たるお方なんていませんのでひとごとです。やはり被害者自身が先頭に立ち、奪還の旗を振ることが重要ではないでしょうか。
どうか蓮池さん、残された自分の生涯をかけ、国会議員としての立場で骨をおってくださいませ。
posted by さっぜさん at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91153399

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。