2008年04月21日

4月21日 狛江のたい焼き

私も現役労働者のころは、アフターファイブの居酒屋ファンのひとりでした。そしていま、小豆ものにもぱくついています。そのなかのひとつに、たい焼きがあります。以前のブログで船橋に住んでいたころ、経堂すずらん通りのたい焼き屋さんのことを書いたことがありました。
それが今、狛江市に住んでいるものですから、狛江駅OXに出店しているたい焼きをしばしば食べています。一尾110円ですから経堂すずらん通りと同じですが、ボリュームという点で、狛江OXに軍配があがりましょう。つまり、小豆が尾の先まで入り、ガツンと食いごたえがあるように感じています。まだクリーム味のものを食べていませんが、これもグッドではないでしょうか。
昭和50年代の初め、「泳げたい焼きくん」の歌がヒットし、平成11年「だんご三兄弟」もよく歌われました。皆様のお口が肥えた現代、必ずしもいいものではないかもしれません。でも一尾110円でお腹がほどほどにみたります。冬場は身体もあたたまり、刺身や塩焼きより有難く感じることがあるかもしれませんね。
posted by さっぜさん at 09:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


Posted by ガラ at 2008年04月21日 23:53
わたしの職場の下高井戸にも、いつも買い求めるために並ぶほどの人気のタイ焼きやさんがあります。
そんな訳でタイ焼きはよく頂きます。あのパリッとした香ばしい食管は何とも美味しいものです。職場のスタッフなどは「三枚におろして中骨はいらないんだけれど」
なんて言う人がいますが、甘いつぶしあんと出会いが皮をも美味しくしているのでしょうね。
小麦粉の値上がりでタイ焼きが高級品にならなければいいのですが

Posted by at 2008年04月22日 01:12
またまたガラさんからコメントをいただきました。ありがとうございます。
そうですか、下高井戸まで通われておられますか。あの下高井戸の商店街なら、グッドな鯛焼き屋さんがありましょうね。いずれ10円20えんの値上げがあるかもしれませんね。買うたびに「おじさん、値上げしちゃだめだよ。狛江も経堂もそのままの値段で頑張っているから。負けないで」とかなんとか、空気を入れないといけませんね。
マックもそうですが、安井から価値がありまして、100円そこそこで食べられるおいしいものをうんといただいていきましょうね。
Posted by さっぜさん at 2008年04月22日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。