2008年04月25日

4月25日 牡丹寺

「季節は豪徳寺にあり」といわんばかりに、豪徳寺の牡丹と藤が際立っています。毎年この季節、この牡丹寺で、あでやかな花形役者の競演絵巻を楽しませてもらっています。成駒屋(なりこまや)と音羽屋のヒノキ舞台でしょうか。
昨日、梅が丘の美登利寿司も気になっていたものですから、食を満たしたそのあとで牡丹寺まで足をのばしました。まさにそのシーズンですね。こどんぶりほどの、牡丹という千両役者が、まね木となって嬉しくさせてくれました。赤、白、桃、紫、そして珍しい黄色の女形までも顔見世でした。午前中の雨がそれぞれの花びらを濡らしてくれていたものですから、触った感触の艶やかだったこと艶やかだったこと。これも雨に咲く花の範疇として、心にとどめおきましょう。そして風がありましたので、揺らめいてくれたんですね。つまり踊ってくれたわけです。立役者が揃って舞うのですから、歌舞伎座の牡丹寺公演という、「薫風特別興行」でした。
そして藤棚は五分咲きでしょうか。とうてい私の背丈では手賀届きません。でもうまくセットされているじゃあありませんか。お隣の民家のご主人が小粋なお方なのでしょう。そんな私のようなものにと、盆栽として丹念に手入れした藤を、参詣道路に出してくれていたんですね「。お礼を述べ、花に幹に枝に触らせてもらい、私なりに鑑賞させてもらったしだいでした。
また一年たったらごひいきさせてもらいますよ。チケット不用の招待席で。
posted by さっぜさん at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94629919

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。