2008年04月29日

4月29日 ローカル線

いま地方がブームなのでしょうか。田舎のローカル線を映し出した旅紀行の番組が、目立つような気がするんです。名所や景色、温泉やグルメ、そして各駅停車。谷村新司さんや山口百恵さんのメロディーをハミングしながら見ていると、自然と望郷心さえ起きてまいります。
そんなおりもおり一昨日でしたか、テレビ東京の旅番組で、私の故郷が紹介されました。短い時間で、「かつおどんぶり」なるものをレポーターが食べて、「おいしい」と感想を述べるだけのことでした。
そのかつおどんぶりなのですが、今までそんなメニューなんて聞いたこともありません。今回の取材用に特別に用意したのでしょうか。それも一人前800円ということでしたから、少々高めです。どんぶりめしに、かつおの生の切り身数枚と、彩りや食感を変えるため野菜のようなものを加えただけのものです。もちろん食べたらおいしいのでしょうが、とうてい地元のひとは食べません。かつおそのものが土地のものにはうんざりでして、それが800円ではとうてい振り向かれることなどないでしょう。今回の私の田舎に限ってのことかもしれませんが、番組制作のためのリポートと、現実の違いは大きいようです。このての番組を見ていると、ナレーションにうっとりして見がちですが、少し割り引いて見たほうがいいかもしれません。
その各駅停車は、指宿枕崎線といいまして、JR鹿児島中央駅が始発となります。私は黒潮西線と呼んでいるんです。菜の花街道を走るんですが、私の菜の花日記も、そのあたりの情景もイメージしたのかもしれません。
posted by さっぜさん at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95052806

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。